助産師の方への質問

先日の記事産む前の勉強の重要性鳥さんがくださったご意見を読まれた上での助産師の方のご意見を伺いたいです。
特に、

癌という病も、エイズという病も
本当はありません。
病院に殺されて、搾取されていることを、私は美化する気にはなりません。

開業助産師である方ならば、もしもこのようなお話を「これからお産でお世話になります」という女性やご家族からされた場合は、どう返されていますか?
もしくは、真っ向からご自分の意見が言い難いとした場合、どうおもわれているのか?

もちろん、助産師の方だけにというわけではないのですが、常に助産院や自宅出産であっても安全確保に務めているということならば、普段からどういう会話をされているのか? どういうことを返されるのだろうか? ここを伺い、現況を学びたいです。

今回は助産師の方の返し方を伺いたいので、鳥さんへの個人的なご意見はご遠慮下さい。

ちなみに、H助産師(琴子を産んだ助産院の助産師)は、逆子のお産はなんで病院と言われるのか? と質問したら、「知らね」と言ったあとだったとおもうのですが、帝王切開で麻酔が多過ぎて子供が死んだ人が、次のお産で自分のところへ来たという話しをしてきました。
※それはVBACを開業助産師が引き受けていたという事実でもあること、事の重大性を後に知ったことで、当ブログで記事にもしています

誰に何を?

なおこさんsuzanさんがくださったご意見にレスを書いていたのを記事にすることにしました。
なおこさん、suzanさん、このようなレスですみません。

私としては、過去、助産師会にはお願いしたり、個人として、自分ができることはやってきたつもりです。
このブログの継続も含めて。
助産師会も助産師も、いつでもお話しはしたいところですが、元記事のように私からの質問には「裁判を決心してから」はまともな対応が得られずにいます。提訴前は連絡もあったし、改善も約束してくれてました。ガイドラインも出されました。「訴えます」と伝えた途端、変わられました。そんなレベルではいけないはずなのに。


私がいつも書く時にきつく言って聞かせたい人物がいて、その人物に向かって書いています。。
それは琴子を産む前の私です。
バカヤロー、早くその愚かな、酔いしれたエゴに気が付け! 子どもが生きるために産むんじゃないのか? 子どもが死んじゃうぞ! と、あの頃の自分にどうやったらわかってもらえるのか? と、必死に言っています。
この話聞いて、どう思う? と、いつも最後は自分に聞くような気持ちです。

あの頃、私を誰が助産院で産むように誘ったのか? 思い出すのも反吐が出るほど悔しいものがありますが、しかし、無責任な幻想に憧れたバカは私自身です、私が選んでしまった結果でもあるのだから、誘った人に琴子のことで直接話したりもしていません。向こうの人たちも、避けるようにしていました。
この先、どこかの助産師が逮捕されようと起訴されようとどうであろうと、何があっても琴子は死んだ以上、生まれ戻ることはありません。それが、人の死ですから、奇跡を祈ることすらできません。

なんで自分は良いと思ったのか?
なにに魅力を感じたのか?
どうしたらカラクリに気がつけたのか?
毎回、答えとしておもうのが、産む側がもっと現実の問題を知るべきだということです。
暴走する専門家(一部素人)がいて、優しい、柔らかい言葉で聞こえ良く表現し、親身になってくれるようだが、リスクの話はあったか? 搬送するから大丈夫っていうのも無責任なだけだよ、なにかあったらどうする? って、だったら、最初から何かあった場合を想定した方が、子どもに辛い結果になりにくくなるのではないのか?

今でも、ネットで逆子について調べてた自分をリアルに思い出せますが、本当に知るべき情報には出会えなかった。

本当なら今、元気に運動会で走ったり、笑ったり泣いたりしてたはずの子どもが助産所で死んでるんです。生きていたら小学校5年生。親として、簡単に終わらせられる話じゃない。

管理人からのお願い

当ブログでは、以前より誹謗中傷の荒らし行為や、なりすましなどの被害に幾度となくあっております。
そのようなことが繰り返されぬよう、管理人として整合性をチェックさせていただくことがあります。
メールアドレスもしくはSNSなどを通じて個人的に伺える場合はその手段をとっておりますが、ブログ上でしか通じない場合はコメント欄にてとなっております。
なので、当ブログへの書き込みはこのような対応にご理解された方のみ、お願いいたします。

特にご批判とご指導だけをくださる方へ

今回、私自身への不満を多く頂きました。貴重なご意見を有難うございます。
私のブログ内でも私生活でも活かされるか否かは私自身にもわかりませんが、結果を気にしないでいてくださればとおもいます。

私への気配りを、どうぞ助産院への問題に向けてください。
このブログは元々がそういうことを問うためのものです。

残念ですが、助産院や自宅出産での事故を知ってもらう必要はまだまだあるようです。
でもその報告の場はこのブログや私でなくてもいいともおもっています。
本来、これらの問題はもっとオープンな場で論じ合うべきだとおもってもいますが、何故かそうならないだけなのです。

私のようなものが存在してしまった理由に目を向けて、「助産院や自宅出産で死んでいる子どもや母親、遺族や身障者となってしまった方達」が増えないようにするにはどうしたらいいのかを考えてもらえないでしょうか。
ただ琴子の母が嫌いなんだ、とにかく気に入らない、自分のいうことを聞くべきだというだけのお考え・ご意見でしたら、時間の無駄にさせてしまって申し訳ないので、固くお断りを致します。

このブログでは助産院、自宅出産は安全なのか? についてを考えています。それ以外が目的の方の言動はやはり、荒らし行為です。

以上。