ホメオパシー、助産師はアウトなものを嘱託医が薦めていたら?

2014/01/26 CHhom プロフェッショナルホメオパス CH1〜3期 「ホメオパシー助産学④」 講師:池川先生を拝見しました。
これ、アウトじゃない? というのが私の率直な感想です。
なにが? って...

講師の「池川先生」とは、横浜市池川クリニックの院長、池川明医師です。
産婦人科医の池川医師は、助産所子育てサロンの嘱託医もされています。
それも、5箇所で紹介されています。
山本助産院
産屋心和(こころあ)助産院
オハナハウス
そして、神奈川県助産師会が立ち上げた助産所とわ助産院産経新聞でも紹介されていた
また、助産師が主体となった子育てサロンファンディータ(Fanditha)助産院でもある
日本助産師会では、助産師がホメオパシーに関わること、用いることには

助産師がホメオパシーを医療に代わるものとして使用したり、勧めたりすることのないよう

にと、平成22年に「ホメオパシー」に関する調査結果の公表について を報道関係者向けに発信しています。(こちらも是非>「ホメオパシー」への対応について
何故、このような発信が必要になったかというと
お子さんが亡くなってしまいました
という悲劇が起こってしまったからです。

ホメオパシーや民間療法については、成人した大人が自分の責任で自分に使うのは「個人の自由で」、とは思います(言い切るには複雑な心境ですけど>「あかつき」問題を憂慮する会)。しかし、私は正しい情報や認識、そして判断能力を持たない子どもにホメオパシーのような民間療法を用いるのは、事と次第によっては医療ネグレクトだとおもっております。そう判断しているのは親だとしても、このように、医療者が子どもを持つ両親に薦めるような流れに関わることが起因となっている、というのも問題と思っていただきたいのです。

池川医師の池川クリニックのホームページでは、特に医師本人がホメオパシーに関わっているというような表記はありませんでしたが、
池川クリニックにて【ホメオパシー】勉強会。
や、池川クリニックHP内「おすすめセラピー」>『助産師&ホメオパスの遊佐深雪(ゆさ みゆき)です。
といった具合に、ホメオパシーを知らない妊婦さんに知ってもらいたいという気持ち(薦めている、と感じられる)や、教えている可能性は否めませんよね。

池川クリニックにて【ホメオパシー】勉強会。の中には

世間で騒がれている【予防接種問題】。

予防接種は受けるべきか?止めるべきか?そんな事で悩まれているママさんも多いと思います。

ホメオパシー』を使うと予防接種を一つも受けないと言う事も可能だそうです。

これもとても気になるところです。

って、本当に気になるところですね、大丈夫ですか? 構いませんか? これ、問題を感じられませんか? 
受けないのは可能というのは、任意ですから親の判断で確かに可能ですけどね、それで病気が予防できるっていうことになっているんだと思うんですよ、受信者側では。発信者側に非を求めた場合、「病気にならないとは言っていない」という逃げが可能な言い回しにも感じられました。
予防接種についても助産師の教育(指導)を見直して欲しいです。また、もしもこのような内容の勉強会を池川クリニックの中で繰り広げられていたとしたら、池川医師も同じような意見を持つ方だと、私たち産む側はそう解釈することを「間違っている」と言われたくないです。

そして、助産所の嘱託医師制度も見直して欲しいです。
そう、池川医師がホメオパシーを薦めているかもしれないということよりも、そのような医師がホメオパシーを用いるなといわれた助産師の方たちの開業している助産所の嘱託医である、ということが問題ではないですか? と問いたいのです。
助産師には「ホメオパシーを扱わないように」とは言ったけれども、嘱託医が扱っていたり薦めていたりしたら? 
報道関係者含め、関わりのある方たちには問題が解決されていないことを認識していただき、改善に向けて対応をして欲しいのです。


もしも、「琴子の母が騒ぐほど、開業助産師は危険じゃない!」というのであるならば、用いぬようにいわれたホメオパシーに関わりがあると誤解されるのも心外ではないでしょうか? だとしたら、誤解に繋がる関わりは断つ、ということを皆さんが一致団結して実行されたら良いのではないでしょうか。


誤解であろうとなんであろうと、死んだ子どもは生き返りません。前世や胎内でどうであったと言われたとしても、やっぱり、子どもは未来でもあって、子どものお葬式を出すことを私が望んでこの世に生まれてきたつもりはまったくなく、「苦しみを受け入れられないから不幸」なのではなく、子どもが死んだことや、子どもの生命に関わる問題に対して本気で責任を持って考えてくれているというよりも、お金のためだったのだろうとしか感じられない内容に対して、私はいまだに不幸を背負っているとおもっています。なので、お寄せ下さるコメントでは、私が不幸かどうか以外で、助産師には「ホメオパシーを扱わないように」とは言ったけれども、嘱託医が扱っていたり薦めていたりするのは構わないのか? についてでお願いいたします。

ホメオパシーって、本当はどうなの?

開業助産師やその支援者から「ホメオパシー」って言われる方は今でもいるとおもいます。「ホメオパシー」は助産院や自宅出産、妊娠出産の際には過去の悲しい話から学んで、「ホメオパシーを持ち込まない」という宣言のために言われるのなら別ですが。忘れないで欲しいし、知らないのなら知って欲しい「山口県でのホメオパシーによる悲劇」


まだまだ知られていないこともありますが、もしも勧める方がいた場合、きっとそこでは「英国では...」なんて言ってくることもあると思います。英国では医療と同じような位置付けだとか、英国王室も御用達みたいな話も。
お子さんに使うとか、妊娠出産時の些細なトラブルであっても、家で簡単にできるならと手を出される前に、その自分の判断が後に子どもの人生を暮らしにくくしないかとか、生命に関わらないようにしたいとか、母親が苦悩なく育児に関われるために体をどうコントロールするべきか、民間療法だから体に害がないとおもいこまず、害がなければ効果もない、ということも考えながら、英国での実態と思われる記事をご紹介いたいします。

(いずれも忘却からの帰還

まだホメオパシーを知らないとか、丁度聞いたばかりでどういうものか知りたいとか、そういう方はまだまだいるでしょう。ぜひ、情報の裏側までよく調べてほしいです。

切っても切れない? 助産師とホメオパシー

Twitterでうさぎ林檎さんがつぶやいていて知りました。
びっくり。

【北海道のホメオパシー情報】CHhom札幌校からのお知らせ
の中の記事 映画「うまれる」上映会&とらこ先生と助産師の皆さんとのトークを行うことに・・・魚拓

さて、今度のひなまつり3月3日に行われる、とらこ先生の講演会「自然な妊娠・出産・子育てを考える」の前に、助産師の皆さんと由井学長とのトーク、そしてこの映画「うまれる」の上映会を行うことになりました。

どこの、どの助産師が話をするのでしょうかね。
そもそも、このようにホメオパシーが妊娠、出産について関わること自体、助産師の方たちはタブー視するべきではないのか? まさか、「忘れた」とか、「知らない」なんてことは言わないですよね?
忘れないで欲しいし、知らないのなら知って欲しい「山口県でのホメオパシーによる悲劇」

日本助産師会の会員の助産師なのかさえわかりませんが、特定非営利活動法人日本助産評価機構日本助産師会とも違うはずだし、まずは特定非営利活動法人日本助産評価機構にメールで通報します。

ホメオパシーと助産師の問題を問いたくなる関係

朝日新聞の本日の記事です。
生まれてきた意味感じて 北海道の助産師ら「応援プロジェクト」

この中に出てくるものの大半は、私の中では危険信号が点滅しているものです。その発言内容にしても。
何よりも、ホメオパシーを推し進めていた方もる上に、現役の助産師も一緒にこの活動をしているようですが、助産師会はホメオパシー当時の問題を完全に終えられたとおもっているのでしょうか。

何故、日本の助産師には“自然分娩至上主義”が多いのか-3

何故、日本の助産師には“自然分娩至上主義”が多いのか-2からです。メイにふぃっしゅさんと私からお願いした『民間療法をしたら罰せられるという点』にくださったご意見を抜粋させていただきました。ありがとうございます。

さて、ご質問の件です。
「民間療法をしたら罰せられる」と言うよりは、「根拠のないケアを、その旨を説明せずに行ったら罰せられる」と言い換えた方が正確かもしれません。

たとえばホメオパシー。この有効性は未だに認められていません。ですから、「根拠のないケア」となります。
それを、たとえば助産師がこのように患者さんに勧めたとします。
「アニカドロップというホメオパシーがあるのですが、傷を癒すのに有効だと言われています。会陰の傷が早く治るように、薬局で買って飲んでみてはどうですか?」
これは違法です。
では、次の勧め方はどうでしょう。
ホメオパシーには科学的な根拠がありませんし、効果も立証されていません。ですが、効果があると信じて使っている人もいます。薬店で購入することができるので、誰でも使うことができますが、医師が処方する薬の代わりになるものではないので、処方薬があれば必ず服用して下さい。」
この場合は、違法とは言えないと思います。

乳房マッサージに関しても、その効果が立証されていませんし、科学的な根拠もないので、イギリスでは行いません。たとえば、私が日本式に産婦さんの乳房をマッサージしたとして、後日その方が乳腺炎を発症し、「助産師メイが根拠のないマッサージをしたからだ」と訴えられれば、私に勝ち目はありません。

英国では、看護師および助産師の免許は、NMC(Nursing and Midwifery Council)という機関が管理しています。逆に言うと、このNMCに登録されていない者は、看護師や助産師として働くことができません。NMCでは看護師および助産師に対して、多くのルールを取り決めており、一番基本的なルールは Codeと呼ばれる一冊の冊子に集約されています。「患者さんの人権を侵害しない」とか「処置内容は記録に残す」とか、そういう本当に基本的なものです。その中に、『 locally agreed evidence-based standards(英国内で根拠があると認められた)処置以外はしてはならない』とあります。また、『患者さんの自主的な選択を優先させなければならないが、その場合にはそのリスクを十分に説明し、それでも理解されなかった場合には、スーパーバイザー(それぞれの助産師がもつ相談役のような人です)およびその他のチームメンバー(この場合は当然コンサルタントが含まれます)に連絡しなければならない』、とあります。

つまり、「助産師は根拠のない処置を行ってはならないし、患者さんが望んだ場合でも、それがリスクを伴う場合は、その旨を説明し、医師にも報告しなければならない」ということです。

これらのことは学生時代に何度も強調されるので、英国内で教育を受けたものならば耳にタコができるほど聞かされています。訴訟の多い国ですから、これらのルールは、患者さんを守るとともに自分自身を守ることにもなります。

では、どのようにしてエビデンス(根拠)のあるケアを徹底するかというと、英国にはNICE(National Institute for Health and Clinical Excellence)という機関があって、そこがガイドラインを設定しています。各病院がこれらのガイドラインを目安に、実用的なレベルまで下げて、さらに細かくガイドラインを設定します。NICEでは、リサーチの奨励もしていて、常に新しいエビデンスを求めています。

例えば妊婦検診については、NICEからはAntenatal Careというガイドラインが出ていて、フルバージョンは400ページもあります。一項目を取り上げてみますが、ガイドラインによると、「ローリスク妊婦の検診は、助産師が行っても良い」とあります。そしてその根拠として、スコットランドで3041人のローリスク妊婦さんを対象に行ったリサーチの結果、健康面でも満足度でも、医師が検診を行った場合と差がなかったとあります(ちなみに英国では医師も検診時のエコーはしません)。
ホメオパシーガイドライン状の記載はハーバルメディスンとなっています)を含む、代替療法についても記載を見つけました。いくつかリサーチがなされていて、害がないものもあったが、一部のレメディーで早期破水のリスクが上がったとあります。それゆえ、妊婦さんに向けては「害がない、または効果があると期待しないこと、使用する場合は最小限にとどめること」との記載があります。




また、NMCでは、看護師および助産師がルールに従わなかった場合、その者をHearing(この場合は、調停や裁判のようなものだと思います)に召喚して、今後の処分を取り決めます。つまり、NMCが原告、看護師または助産師が被告です。被告人のフルネーム、資格番号、訴えの内容は、誰もがウェブサイトで簡単に見ることができます。先ほど見てみましたら、一日に多い日で20件ほどのhearingが行われているようです。一例を挙げますと、現在進行中のものに、『羊水が胎便で濁っているのを認めたにも関わらず、医師への報告を怠った』というものがありました。処分としては、厳しい時で免許取り消し、他には、一定期間の免許停止や、監視下での業務などがあるようです。

たとえ刑事事件にならなくても、定期的に行われる監査で発見されたり、患者さんからの苦情で明らかになったり、稀に同僚からの通報で発覚する場合のあるのかもしれません。いずれにしろ、NMCが取り決めたルールに従って働かない者は、処分の対象になるということです。

私自身が有資格者ではないので、労働上の条件等、イギリスと日本の差を語れる術がないのですが、ただ、日本では監査が定期的に行われていそうもないと感じるし、ホメオパシーや乳房マッサージ・ケアの説明についての行、日本での宣伝・発言内容のままに助産師がイギリスへ行ったら、罰せられること間違いないとおもいました。酷いケースだと、親を丸め込んだ挙句、選んだのは親じゃないかと開き直りますから。こういう助産師は、プロとしての責任感が皆無なんですよね。

日本の問題多い助産師の方が一番嫌うことなのかもしれませんが、メイさんのお話を聞いていると、イギリスの助産師の方には“医師をボスとして認めている”というのが大前提にあるのではないでしょうか。日本での助産師の問題を知れば知るほど、医療批判=医師よりも私たちの方が正しい!という意識が常に根底に流れているような気がします。これによって、『病院を頼るようなお産は女の恥』と言わんばかりの荒い意見が隠された妙なメッセージが作られてしまい、医療批判・医師侮蔑の気持ちを一般人にも植え付けてきているように感じます。

ホメオパシーを勧めている助産師が、ホメオパシーには科学的な根拠がありませんし、効果も立証されていません。ですが、効果があると信じて使っている人もいます。薬店で購入することができるので、誰でも使うことができますが、医師が処方する薬の代わりになるものではないので、処方薬があれば必ず服用して下さい。」というようなことを言っていたと、想像もできないです。聞こえてくる話は、「薬を飲んではいけない」とか、「ホメオパシーを飲んでいるのだから、好転反応が出た暁には体が良くなったことを実感できる」とか、そういうのばかりです。

また続けていきます。

新生児に粒状のものを与えるということ

日本助産師会より>「ホメオパシー」に関する調査結果の公表に関する調査結果の公表

以前に当ブログに産科医であるsuzanさんがくださったご意見です。(当時の記事
suzanさん、再度記事にさせて頂きます、有難うございます。



2009-10-12
産婦人科医師です。

たとえどんな理由があろうと、新生児に「つぶ」状のものを与えるというだけで

すでに新生児を扱う医療者としては失格です。

(2009-10-13)

もう一度申し上げます。

のどの細い新生児、まだ「胃に飲み込む」力の弱い新生児に

「つぶ」状のものを与えているような人間は

新生児を扱う資格がない。医療者の中に入れることは、できません。

手洗いをしないで素手で手術に入る外科医と

どっちがひどいか、考え込むくらいひどい話だと思います。

それがどんなにひどいことか。

これまでに事故が起きなかったという理由は、理由になりません。

危険です。

2009-10-14

「唾液ですぐに溶けるから大丈夫」とかいう反論はあるかも知れません。

でもそれ、絶対じゃないですよ。

子ども(新生児でなく)があめだまをなめていて、

何かの拍子にふっと気道に吸いこんでしまって大騒ぎになったのを見たこと、ないでしょうかね。

新生児は、飲み込むのも詰まるのも、もし起きるなら一瞬だと思います。

口の中なら唾液があるけど、気道にはいれば溶かしてくれるものは、ありません。


助産師は医療者ですよね?
「母親が強く要望したから困ったので、仕方なくシロップではなくレメディを飲ませました」…は通用しないのではないでしょうか。

VK2のレメディ選択を親のせいにばかりしないで!

朝日新聞の9月7日記事です>助産所の1割でホメオパシー ビタミンK2与えぬ例 
厚労省も動いてくれました>「助産所における乳児に対するビタミンK2シロップの投与について

しかしまだ助産師会は親のせいにしている!
朝日新聞の記事内にある助産師会からの説明だろう一文

この結果、レメディーしか使わなかったケースがあったとする助産所は36施設に上った。複数の助産師が所属する助産所もあり、ホメオパシーを実践している助産師は36人を大きく上回る可能性が高いという。レメディーを与えた理由として、助産師がK2シロップとレメディーの両方を説明し、妊産婦がレメディーのみを選んだり、妊産婦からどうしてもと頼まれたりしたからと説明している。

ふざけている!
山口の件のお母さんの場合は説明がなかったのだ。
また、以前に現在助産師会で理事までしている助産師の方に自宅出産で分娩介助をお願いした方の旦那さんのブログでも、説明がなかったことは書いてあった。
ふざけている。
全くまだまだ親の責任にして自分達が講演会まで開いて浸透させたことに対しての説明は一切なし。
朝日新聞にももっとこの辺を突っ込んで欲しいです。
これを一般の何も知らない方が読んだら、「親が説明受けてもシロップを拒否したんでしょ?」とおもうでしょうね。

助産師会がホメオパシーの講演会をしていたことと、助産師の中にはホメオパシーの団体ととても密な関係があり、その方たちがかなり影響力を持っていたらしいということ(助産師の方からのご報告有り)、また
お産を待ちながらという助産師の方のブログがあります。
2010年8月11日の記事で
ホメオパシー問題について
助産師の方たちがホメオパシーをどうやって知っていったか、信頼しきってしまったのかがわかります。
こういうことをまだ隠そうとしているんだとおもいます。
講演会をしていたこと一部とはいえ、国家資格を持つ助産師が産む側に、出産の場に積極的に取り入れていたということ親に好意的に説明(反医療の姿勢含)をしていたということ