私たちにできること

今日書くものはまいまいさんからのご意見へのレスとなりますが、助産所や自宅出産で出産された方達へともなるとおもい、記事にさせていただきます。
まいまいさん、ありがとうございます。

私は、助産院で産もうとして、早剥をおこしかけていたので、助産院の方が早めに対応してくださり、緊急搬送となり助かりました。ブログを読んで助産院もいろいろだと感じました。

助産院もいろいろですが、私がおもうに大事なのは、無事だった経験から「だから大丈夫」という内容で友人、知人に伝聞しないこと。そして、そうおもっているわけではない体験談をしているとしても、相手に勘違いをさせないこと。

まいまいさんの出産からも思い出すのは、私の直接知る元医療従事者が仰った言葉、助産院(自宅出産)は「完結できない場所」ということです。
緊急搬送のはずが交通事情などによって、緊急の対策の結果に至らないケースも最近は少なくないようですし、まいまいさんの場合も、たまたまうまくいっただけに過ぎなかったと私はおもっています。
なので、あえて「特別な場所」を選んでしまう私たちが、たまたまうまくいったことを「だから大丈夫」という印象を相手に持たせないためにも、琴子のように死んでしまった子どもたちや、身体の自由を奪われる結果にされてしまったお子さんたちのお話を伏せないようにすることが大事なのではないかと、それが私たちにできることなんだとおもっています。

出産階級制度のさらなる実態

ママカーストならぬ出産階級制度!? 分娩に優劣をつけてどうするの?

自然分娩は大きな括りであり、その中にも更なる階級制度がある。
病院<助産院<自宅出産<無介助分娩
いや待てよ、もしかしたら
病院<院内助産院<助産院<自宅出産<無介助分娩
がさらなる実態となった現代。
でも本当は、出産にこそ階級はなく、赤ちゃんの無事をどこまで大事に、優先できるか、ってことだとおもう。
でも、それは幻想となったのかもしれない。
何故ならば、医療が発展して大勢の母子の命が救えるようになったことと、「妊娠は病気じゃない」から始まり「女性の産む力」で終わる自然万歳思想がイコールになってしまい、終いには医療従事者で国家資格を持つ助産師達が、医療介入こそが母子をリスクに晒す行為・選択かのように、助産院や自宅出産で産むような文言が多くなった。
そのような内容が雑誌やブログ、ネットなどで、女性達が出会う多くの情報となってしまった。

この出産階級制度を逆に見ると、安全なのは
病院>院内助産院>助産院>自宅出産>無介助分娩
だろう。
でも、自宅出産よりも助産院の方が安全ともいえないくらいに、助産院にもいろいろなところがあり、設備は一般家庭程度のところもある。そのような実態を知れば、助産師に出産費用として何十万円も支払う(「病院が高い」のではなく、分娩費用が高いのであり、助産院や自宅出産は決して安いとおもえる額ではない)のなら、「妊娠は病気ではないし、女には産む力があるし、自分は健康体で食べ物にも気をつけている」とおもう夫婦だと、助産師に支払うのをせずに済ませたくもなるだろうし、更には、誰をも「凄い!」と言わせられる出産をしたいと、助産師すら呼ばない無介助分娩(プライベート出産とも表現されている)を選ぶ人たちが今、多くなっている。(mixiなどにもコミュニティがあったり、出生届を出すことも含めたマニュアル本のようなものまで出版されている)
私はこの無介助分娩が広まった理由の一つに、助産師達が過度に出産を安全なものだと言って宣伝してしまったことをあげるべきだとおもっている。
決して、産む側だけが無謀なわけではなく、そうさせた原因が「私たちは見守るだけだ」といって、病院から出て産むようにした助産師達の責任があるはずなのだ。
それなのに、そうなると今度は「無介助分娩は危険です」と言い始めた。
もちろん、無介助分娩は危険だ。
でも、それが何故に危険かといえば、誰にでも起こり得る異常の兆候を“素人には見極められないから”ということで、せめて助産師が立ち会うようにと言うのだ。
でも、助産師が立ち会ってその異常を見極めてくれたとしても、それが病院への搬送、緊急時に必要な医療介入に間に合うとは今度は言えないはずなのだ。
それなのに、助産院や自宅出産での分娩を選ぶ方達に「いざというときには病院へ搬送するから」というのを、安全を確保したような印象を持たせて言っている。
本当は違うはずだ。
やはり、すぐに緊急帝王切開や医療介入ができないことは危険で、自然分娩で産むことを祈るのが母親の役目ではないはずなのだ。
子供の安全を祈るのが母親の役目であり、そして、その子供が産まれた後、少しでも育ちやすいためにも、家族のためにも母親にもリスクの少ない管理や出産をと願うのが家族や、その周りの方達の祈りであるのではないだろうか。
実際に、私は自分の娘が助産院で死んだときに、自分が元気なことを呪った。
ちっとも嬉しくないし、もしもどちらかが死ななければならなかったのならば、それは娘ではなくて、私でありたかった。
多分、それは第一子の出産であるから、子供を残して逝くわけではないからこそ、簡単にそうおもえただけかもしれない。
上に兄姉のいるお産であれば、一人の子供の無事だけを祈るわけにもいかないのかもしれない。
自分の子供の死を通じて、医療従事者の方から教わった多くのことの中に、「母体を優先させる」ということもある。
死を通じて考えると、何を求めて、どのような結果が正しかったのかは簡単には言えないとおもった。
だからこそ、母子共に安全であることを素直に祈るべきであり、そして、それでもやはり、もしもまた私はどうしても母子のどちらかをとなれば、子供の葬式をもう一度出さなければいけないくらいならば、やはり先に死にたいとおもう。
そして、このことを話すと、今度は子供に障害がある方のご意見が私の心を苦しくさせた。
「子供の葬儀を出してから、その翌日くらいに死にたい」というのだ。
なんという母親の切ない愛情だろうか。
子供は必ずしも親の願った通りではない。
そして、時には出産により、子供に障害が残ってしまった方達もたくさんいるということも、これも私たちが決して忘れてはならない実態なのだ。
だからこそ、どんな結果をも受け入れるべきだというのならば、子供が少しでも安全に、そして生きやすいようにして産まれてきてくれと願い、その結果に近づけるように分娩場所を選ぶべきなのではないだろうか。
そこにいきなり、「医療介入による事故の例」ばかりをあげ、そのような話しを鵜呑みにした私が結果、助産院で産んで死んでしまった子供の話しをこのようにしていると、「いつまでもひきずるな」と言って、実態を知られないようにするのが助産師の方達の願う、母子の安全へのための働きかけなのだろうか?

このような記事を読む度に、いかにしてくだらないことに固執して私が子供を死なせてしまったのか?を思い知らされる。
産み方は生き方ではなく、女性に産む力があるとうぬぼれず、人の力を借り手でも子供を安全に産みたいと、そう願い合える関係を社会全体で築いていただけたらと願っております。

【足の指3本失った・・・出生直後に大やけどの男の子・・2年間の戦い】更なる戦いへ 3 

「乳児治療で大やけど、指3本失う」から【足の指3本失った・・・出生直後に大やけどの男の子・・2年間の戦い】 の現況です。

足の指を失ったお子さんの父親によると、助産師が書類送検されてから、進展はいまのところはないそうです。
起訴に向けての調査は続いているようですが、マスコミも一時的で、問題が既に風化しそうな気配ですが、そうならぬよう願いながら、出生したお子さんに対しどのような判断がされてこのような結果を招くこととなったのか、避けられたことではなかったのか? これからも追跡していけたらと思っています。


他、関連記事
「とくダネ」を見て
【足の指3本失った・・・出生直後に大やけどの男の子・・2年間の戦い】助産師会side
【足の指3本失った・・・出生直後に大やけどの男の子・・2年間の戦い】更なる戦いへ
【足の指3本失った・・・出生直後に大やけどの男の子・・2年間の戦い】更なる戦いへ 2
【足の指3本失った・・・出生直後に大やけどの男の子・・2年間の戦い】更なる戦いへ 詳細

求めるものは?

「暖かい支援」*1というのが助産所(自宅分娩含;以下略)の代名詞のようになっています。これらの問題について、もっとストイックなまでに助産所での問題点を考えていくべきだとおもっていますが、何故か「病院だって」というような意見になりがち。それら個々の体験談を否定するつもりはありませんが、基本的には別にして考えるべき問題とおもっております。但し、助産所の場合は「そこで完結できない問題」があるため、病院のことも話に出てきます。だからといって、「助産所は安全なのか?」と、「病院は安全なのか?」はイコールではない。なんでもかんでも引き合いに出して論じることに意味があるとは思っていません。時に、分別も必要。

「暖かい支援」という言葉を妊娠や出産に関して使う際、母子の死亡率が下がった現代だからなのか、「無事に生まれることを前提」としているように感じます。それが出産の専門家という方からも感じられることがある。中には医療問題というよりも、手厚い接待を受けられたか否かの問題になっている気配すらある。
もちろん、どこに行ったってサービスは良い方が嬉しいに決まっているのだけど、サービスに夢中になって本末転倒であったら意味がない。

ホテルに泊まって手厚い接待(サービス)を受けることのように、「暖かい医療」を勘違いしてしまってはいないだろうか? 「暖かい」ということを履き違えてはいないだろうか? そして、助産所などが掲げる「暖かい」が「ホテルに泊まって手厚い接待を受ける」と同レベルなのではないか? と疑い見直す必要があるのでは?

子どもが「暖かい支援」を誇る助産所で無残な死を遂げた親からしてみると、医療に求める支援とは? 支援? サービスを求めるあまりに見失ってしまうものがあるのではないか? と感じてしまっている。そもそも、助産所が医療として語れるものなのかさえ怪しいというのに。そこからして専門家の方たちが議論すべき、見直すべき問題だとさえ思っています。


しつこく何度でも申しますが、私は助産所問題を考える際に、世にはびこる「すぐに出てくる医療批判」は大きな鍵だと思っています。

*1:私の体験上、このブログでは助産所(自宅分娩含)問題を中心としています。「暖かい支援」についての解釈などは、終末期ケアやホスピスなどといった医療の場で求められる内容とは全く異なりますことを予めご理解ください

「助産院で縫合」の体験談が...

発信元の方では削除されてしまっている記事ですが、「日刊アメーバニュース」に赤ちゃんを産むなら助産院!? 産婦人科病院にはない魅力とは?というのがあります。

助産院で出産した方の体験談として紹介されているもので

“私の場合は会陰が少し裂けたのですが、キチンと溶ける糸で縫って貰えました。少し出血が多かったので、点滴もしました。助産院なのにできるんだ〜と思ったのですが、何か理由があるのかな?”

というのが非常に気になっています。「少し出血が多かった」のが緊急事態ということで止血のための点滴というのは「緊急時の対応」で許されるのでしょうけど、会陰が裂傷したところをキチンと溶ける糸で縫ってというのは、完全にアウトではないでしょうか? 本当だとしたら、これ、大問題だとおもうんですけど...
(プラスして、キチンと溶ける糸を開業助産師が入手するのは可能なんでしょうか? 縫合は許されていないのですから、購入することも不要というか、薬じゃないから買える?)

「助産師の業務範囲の留意点について」とか、妊娠、出産に関わる情報を発信する方には勉強しておくべきことが多々あると思うんですけど。


これから助産院、自宅出産で産もうとしている方、助産師の方が縫合するのは違法行為ですよ。あと、提携しているとか、搬送するから大丈夫、安心っていうのは「上手くいけば」の話で、救急車がいつだってスムーズに走れているわけではないっていうことくらいはご存知ですよね? 更に、出産時の異常はあっという間に進行(悪化)してしまう可能性が高いとか、とにかく助産師のするリスクの説明だけではなく、お腹の赤ちゃんの命をより安全に導くためにも、無事に産めるためにも、検診で会う先生にも聞いてみたりしてください。助産師の方がもしも医療を批判するような意見(「病院で生まれた子どもの表情は暗い」なども含めてですよ! そんなん、営業かけられているだけ)をするのならば、私はイエローカードだと思いますよ、だって医療を批判しながらも「提携」とか「搬送」って、おかしくないですか?

「とくダネ」を見て

【足の指3本失った・・・出生直後に大やけどの男の子・・2年間の戦い】更なる戦いへのお子さんがきっかけとなり、フジテレビの朝の番組「とくダネ!」が助産院や自宅出産の危険性を問う内容ということで、私も録画して拝見しました。
番組を見られた方の中から、件の助産師が助産師会除名になっているのに開業できるのかというような感想が聞こえてきますが、そもそも、助産師会の会員でなくても開業はできるのです。ただ、助産師会に入っていれば、いろいろと情報はもらえるし(一時はホメオパシーを好意的に捉えた情報までくれていたわけですが)、各種賠償責任保険に加入できるということで、助産師会は開業助産師の方にこそ入ってくれという感じです。もちろん、病院に勤務してる助産師の方も入会されてます。入会は助産師であればできるのです。
今回の助産師の除名で一番問題なのは、最終的には思想というか経営方針とでもいうのか、助産師の間違ってるだろう意識を改善することなく、助産師会が「もう関係ないですから」という状態で対応をしていないということだと思っています。もしも仮に、どうしても除名するしかないとしても、会員であったときに生じた事故や問題には最後まで対応をするべきではないでしょうか? そうでなければ、安全対策はしてくれないに等しいわけで...あ、安全対策室は閉鎖したんでしたね。いずれにせよ、問題があってどうしようもないから除名では不誠実でしょうと、相変わらず改善とは程遠い助産師会の対応とおもいました。


問題の助産師にお子さんの父親が話し合いに出向かれたという記録の内容もありましたが、なぜ、あそこに助産師の夫がいて、発言までしてるのでしょうか。事務員か何か、あの助産所の従業員をしてるのでしょうか。病院への搬送についての重要な問いに対し、何故夫が口を挟むのか。それが違法とは言えないにしても、私には違和感を覚える光景でした。あれだけ問題発言をしていて、いざというときには「夫はただの一般人で、問題を把握していないで口だししてただけです」なんてことはないですよね?
いくら助産所は自宅と同じ建物であることが多いとはいえ、あそこまで関わるということに私は疑問を感じます。訴えられたら家族の問題! としても、部外者じゃないの? って。
是非、特定非営利活動法人日本助産評価機構(JIME)で調査してほしいです。

質問!!

プチ・ラパンの家というブログの中の記事で「助産院」という記事があり、お決まりの医療批判が並んだ後に

救急車で助産院に来た妊婦は初めてらしい
その後、大騒ぎして産んだことは一生忘れられない

とありまして、ビックリしています。
救急車を呼んで、助産院を指定したってことは、タクシー扱いしたってことではないんでしょうか?
これは問題ある行為ではなくて?
誰も叱らなかったのかな? なんか、武勇伝っぽくなっているんですけど...

あと、救急車呼んで行くような現代的なことしておいて、どうして会陰切開に対しては拒絶反応、さらに自然は素晴らしいと....
などなど、言いたいことはたくさんありますが、救急車で助産院へ搬送って、問題はないのですか?