人をリスクに曝す権利は誰にもない

Twitter経由で「自宅出産」の記事 を読みました。読後、産む前の方にもう一度伝えたい言葉は『赤ちゃんをリスクに曝す権利はない』。

「自宅出産」と表現されていたけれども、実は、無介助分娩です。無介助分娩をした女性の町の役場の方達は、その町に分娩施設がない現状や立場からしてか、スムーズに対応をしてくれるそうです。そういえば、他にも美術系とか、自然万歳なタイプの方が移住してくる地域で、無介助分娩が増えている問題を聞いたことがあるので、「そういう方達との共存の仕方」という感じで適度な距離感で対応をされている町なのかもしれないと思ったり…。

出産を経験した女性達が集まると、妊娠や出産についての武勇伝はよく語られる。記事の女性の方はお子さんが今を元気に生きてくれているから、こうやって語れるのだ。なのに、このような語りをわざわざ大勢に読ませようと伝えていく必要があるのか? それが何よりの疑問として残る。
女性には産む場所や方法を選ぶ権利はあるが赤ちゃんをリスクに曝す権利はない
妊娠、出産にまつわる経験を武勇伝のようにしてしまうのは、それは、他人の赤ちゃんをリスクに曝すことであると、私たちが常にそう自覚するべきではないだろうか。

私たちが理解できないだろう、子どもの死から知ったこと

青雪さんからのコメントにもありますが、Facebookで一般人の方が10人目のおこさんの無介助で自宅のお風呂での出産シーンの動画を流しています。
青雪さんへのレスでも書きましたが、丁度、今日の午前中に教えてくださっていた方がいて、私もどうしたらいいものかとおもっておりました。
賛同している方の多さというのも呆れますが、あれは「あえて少数派に味方する」ような、そういうのを美学とおもっちゃっている人の多さを表しているような気もして、底の浅いものには感じました。ですが、やはりそれなりの影響にはなるでしょうね。動画を流しているご本人もそこを狙っているのだから、結局、子どもは親の優越感を満たすための道具でしかない、ということでしょう。(友達に見せたいという友人に頼まれて、という説明がありましたが、それはSNSを使わないでもできること)
SNSやネットだと、特にもともとの関係があってないようなものだから、それぞれの賛辞は責任感の伴わないものと理解しつつも、そうも思えずに「素晴らしいものだ」と思い込んじゃう人もいますから。

以前から、マスコミの方や、マスコミにコネクションを持つ方に無介助分娩について取り扱ってくれないか、というお願いをしていますが、「刺激性がないとできない」という理由があるようで、かなっていません。この「刺激性」が厄介者で、今回の方に「テレビには出ないのですか?」というような書き込みをしている人がいて、なんか嫌な雰囲気...なんといってもテレビには前例がありますからね>寛大になる必要はあるのだろうか
無介助分娩の問題を知らない方には「幸福感に満たされる刺激」とおもってしまうので、好意的に扱う番組がこれから出てくる可能性は大きい。
マスコミは警察を批判する際に「警察は人が死なないと動かない」って言うんですけど、それはマスコミも同じでしょ? って思っている次第です。


件の方が無介助分娩を選択している理由は、医療批判からと解釈して間違いないようです。もう何度も申していますが、このような方たちのしている医療批判は実体験が伴っているようでいて、しかし、よく聞く話でもあり、それは開業助産師の方の多くがされている宣伝や説明の内容と酷似しているわけです。年末年始やお休みのときの出生率が低いのは...とか、あたかも自分で気がついちゃった! みたいな感じがありますが、テレビや書籍などでさんざんやっていた病院、医療へのネガティブキャンペーンからの影響だってあるでしょう、テレビを見ていなくたって、似たような人たちがちょっと集まれば「そうそう、私もそう思った!」といった感じで、「なかなか気がつけない真理に気がつけちゃった私たち」のやりとりの定番です。

日本助産師会は「警告!! 専門家が立ち会わない無介助分娩は危険です!!」と、その危険性を訴えています。
今回の方は要約すると「母親の凄さを知るため・発揮するためには助産師すら要らない」と言っています。
反りがあっていないようですが、一部とはいえ、助産師や専門家の方たちの中には「女性には産む力が備わっている」と言って、医療の介入を否定している声がありましたから、私からしたら、まだまだ同じ類。救急車を呼べば大丈夫、というのが安易な考え方だというのであるならば、助産院や自宅出産で「何かあったら搬送するから大丈夫」は安易ということになるけど、かといって、日本助産師会がそのような注意をしているとも思えない。
再三申していますが、「自然に産む力がある」と言われれば、助産師だって要らないことになるのです。その要らない助産師にウン十万円払うのであるならば、夫婦だけ、家族だけで産んだ方が経済的だし(お金の問題じゃない、と主の方は仰っていますが)、こうやって「すごい!」と言われて悦に入れるのですから、浸透するのも当然なのでしょう。助産師会が真剣にこの無介助分娩をやめてほしいと願うのであるならば、多くの助産師や、助産師の関係している出版物、団体、個人のHPや発言内容の見直しと、そして医療者であるという自覚を再教育するよう務めるべきではないかとおもっております。

私たちが出産を甘くみるようにした人たちがいて、結果、私たちを無介助分娩までしないと気がすまないようにしてしまった。
そして、出産を甘くみているのは病院で産む人たちだと嘲笑っている。
本当に出産をなめてんのはどっちだ? って、出産をなめて子どもが死んだという経験によってあの頃の自分に突き返しているわけです。
私も同じでしたから、無介助分娩もありだろうなくらいに考えていた輩です。私の場合は、少しそれは違うとおもいながらも、きちんと反論できませんでしたので、肯定したようなものなんですよね。出産を甘くみていたから、「そんな危険なことをしていいわけないだろ! それは大人のエゴであって、母親のすることじゃない!」っていえなかったわけです。
今回の方もその賛同者たちも、無介助分娩で出産した母親に対して「母親はすごい!」みたいなことを言っていますが、母親が本当にすごいと言えるのはこういう無謀なことをしちゃうからではなく、子どものためになら自分のしたいことを引っ込められるからではないでしょうか。産み方は生き方だとか、いろいろと私たちを惑わす文言があること自体が悪いのですが、実はそれらが常に誰かの営利目的で使われていることであって、子どもの命を危険に晒してまで、子どもを犠牲にしてまで追求するものなんかじゃないと知るべきです。ロシアンルーレット、その銃口は誰に?
あと、すぐに「昔は」と連呼しあっていましたが、帝王切開したくなくても子どもの命を守るためならば切ってもらうしかないし、自分がどう産みたいかよりも、子どもを無事に! と願ったからこそ、病院での出産を要望していったのだとおもいますよ、昔の方たちは。それは私自身が琴子を亡くしたことで痛感させられましたから、タイムマシーンで覗いてきたかのようにして言えますね。「ここで産んでいたら、あの子は元気に生まれていたのだろう、育っていたのだろう」と思うと、原始的なことに憧れる気持ちは一瞬で消え失せます。

「病院を信仰している」と言われて茶化されるかもしれませんが、病院だから100%安全だとは言っていないわけです。出産は何があるかわからない、妊娠、出産における新生児死がゼロになることを希望していても、それが叶わないことも知っています。私が常々申しているのは、自分の子どもを助けてくれようとおもって必死になってくれた方がいたかいないかで、親のその後の人生や心の有り様は大きく変わるということです。そして、親であるならば、子どもに最初に触れるとか、そういう儀式のようなものにとらわれず、万が一に備える、というのが一番大切な、真っ先に考えるべきことではないか、ということです。医療について考えて


そもそも、私たちには『赤ちゃんをリスクに曝す権利はない』のですから、「個人の自由」ではないのですよ。
だから、本当ならば、あのような動画を流してしまう、一般公開してしまう行為にはきちんとした機関から注意や警告がなされて、削除されるべきであるし、同じ行為が繰り返されないためにも、何が問題であるのかを多くの方に向けて、きちんと伝えてあげて欲しいです。

無介助分娩とネグレクトの問題

無介助分娩は「でも、滅多にやってる人はいないでしょ?」っておもわれているとおもいますが、ジワリジワリと浸透していると私は感じています。

先日、ある医療従事者の方から、ご自身の勤められるところにも計画的無介助分娩の件があったとお話を伺いました。遠い日の思い出話ではなく、ここ最近のこととして。児童相談所へも通報されたりするそうです。理由は、無介助分娩そのものがネグレクトの危険をはらんでいると考えられるからだそうです。生まれた子どもが出生後に受けるべきワクチンやビタミンKや健診すら、子どもが受けられずにいる可能性があるからだそうです。

児童相談所に通報しても、当事者たちが引っ越して電話番号も変えてわからなくなってしまうそうで、通報を受けてもすぐに子どもを保護できない問題など、たくさんの非常な現実が子どもの生命を脅かしているようです。実際に、入院を必要とした子どもに対して医療を拒否した親により、命を落としたお子さんもいたりと聞きました。このような悔しくて悲しい問題はなかなか公の場で議論されずにいるようです。


私的には春分の日よりもお彼岸ですが、天国には本当だったらまだ私たちと一緒に生きていて良かったはずのたくさんの子どもたちがいると思うと、切ないし悲しいし、悔しいし。その中にも琴子がいます。

経済的な事情や親の思想と、無介助分娩を考えるにはたくさんの視点が必要。さらにそれだけではなく、無介助分娩に対しての問題意識を世間一般的にあまり知られずに、持たれずにいるというのも問題なのです。

何故、わざわざ子どもを危険に晒すのか?

想像以上に、無介助分娩が浸透してますにて、厚労省へ電話したところ、「保育士の問題となると都道府県ごととなるので」と言われ、都庁へ連絡するように指示を受け、都庁へ。結果としては「園に勤務している保育士のものなら注意するか検討する」けれども、この場合だとやれることはない、ということでした。電話に出られた都庁の職員の男性は「助産師もいないで分娩する」ということについては「危険なことだと思いますけどね」というように、無介助分娩という言葉は知らなくても想像はできるという感じでした。
日本助産師会にも通報しました。日本助産師会の方はさすがにショックそうでして、「来週後半までには対応をどうするかを決める」ということでした。結果の連絡もくださるそうです。


昨日の記事へのコメントでも少し書きましたが、私は保育士という職業は「助産師」や「看護師」というのとは違うとはいえ、妊娠、出産をする年代の女性との接点は多い職業だとおもっていますので、まだ出産を望む方たちとの交流が当然、生じているはずです。そういった職業の方が無介助分娩に対して危機感を持てなかったというのは非常に残念ですし、やはり何か大きく間違った感覚が世に蔓延っていると感じてしまえてなりません。
望めるものならば、無介助分娩の危険性をマスコミが大きな声でしてくれるように助産師会や厚労省が働きかけ、そして、保育士という資格を持つ方たちの接点をおもえば教育にも周産期医療の問題を取り入れて欲しいです。


胎盤食の話にも似たものを感じます。「そんなこと、していいの?」とならず、「食べる人は勇気がある」とか、「凄い」とか、優越感や武勇伝を求めたりしているようで、こういうのが好きな自然万歳の方たちは、普段のお話の姿勢や口調は慈愛に満ちたように語りますが、実際には物凄い闘争心の塊なんですよね。少しでも人よりも変わったことをして、「凄い!」って言われたいんです。


行政の方は発言は自由だからというようなことを仰っていました。自由とは何かとおもうとそれぞれの解釈で変わってくるかと思いますが、無介助分娩や妊娠出産についての情報は「人の命」に関わる非常に大きなことです。自由ということで流して良い問題だとは思えないのです。
自分は平気だとおもったことが、簡単に誰かの子どもの命を奪う結果になってしまうこともあります。私はそれを経験しています。私が当時の助産師に出会うのに、ある方は熱心に私に「逆子でもあの人なら大丈夫だよ、凄い人なんだから」と勧めてきました。でもその方は、琴子が死んだとなったら周囲の人たちに、真っ先に「自分は悪くない」というようなことを言って歩いてくれたお蔭で、子どもが亡くなった事実を受け入れることすらできずにいた私たち夫婦に、わざわざ「人のせいにしちゃダメだよ」と言ってきた人もいます。こんなもんです。全部、「誰かの自由な発言」ですよね。そう、皆、簡単に言ってくれますよ、最初は都合良く。そして都合が悪くなると、「それでも選んだのはあなたなのだ」と。
発言は自分本位に変えられますが、変わらないのは死んだ人は死んだまま、ということ。人がなんて言おうとどうだって構わないのに、一番変わってほしい事実は決して変わりません。命はそれほどまでに現実だけに存在します。言葉は自由でも、命は自由ではないのです。
その自由に対して、都合よく資格のアピールが入ってきます。これは今回の方だけではありません。私は助産師の方の問題について何度か書いているとおもいますが、助産師という資格を使ってものを言われると、私たちはその資格が責任を持って言っていることなんだとおもってしまうのです。これはsuzanさんふぃっしゅさんが仰っていることと重なることでもあります。


今回の方をというより、このようにして無介助分娩が危険だとおもえない方が増えてきている気配が非常に問題だと思っています。それは多分、琴子を亡くす前の私も同じように「自分はしないけど、したい人はして構わない」程度にしか思えずにいた経験もあるので(当時、私の周辺でも無介助分娩の話は事実として存在していました)、危険におもえない人たちを容易く想像出来るのです。危険だとわかった今は「どうしてわからないの?」って思いますけど、「女性は産む力を持っている」から医療は要らないとか、「昔は畑で一人で産んでいた」とか、「助産師はただ見守るだけ」とか、出産を軽視する発言の中にいると危機感なんて持てませんから。子どもが死ぬのは滅多にないことで、「病院はお金儲けのために脅している」みたいなことで洗脳されているので、子どもが死んでしまうというリスクを説明しても、「たまたまそうなっただけの人の話をされてもなぁ」となってしまうのです。でも本当は、愛しくてたまらないはずのかけがえのない命を危険に晒し、自分のやりたいことを優先してしまうというこの恐ろしい思考こそが問題なのです。道路を歩くときも車に乗る時も、生活の中で子どもを守るための知識や情報はあるのに、世に産みだすときにはわざわざ危険に晒してしまっているのです。親としてすべき最善とは何か、というのが伝わらないのです。

無介助分娩の場合、経済的な問題も同時に考えるべきだというご意見があります。それは全く否定するつもりはありません。実際問題として、貧困を理由にした無介助分娩は聞きますし、自然万歳で凄いと言われたい方たちの中にも、2番目くらいの理由には「お金もかからないし」というのがあるとおもいます。ですから、ただ危ないと言っているだけではなく、こういった問題にも対応していくべきだともおもっています。

想像以上に、無介助分娩が浸透してます (2012.11.17改)

怒りで震えるようなおもいです。

自宅出産のお話会に参加しました!(魚拓*1

Aさんは1人目を産婆さん(助産師さん)と自宅で、2目はプライベート出産・・産婆さんを介入せず家族だけで産むお産・・をされたそうです。神秘的なお話がいっぱいでした。

無介助分娩に対しての警告が甘いからこうなるのでしょう。日本助産師会は一度、警告!! 専門家が立ち会わない無介助分娩は危険です!!と出していますが、全く間に合っていません。それどころか、こんなにも軽々しく、保育士のブログで好意的に紹介されるようにまでなっています。保育士の資格を取るのに周産期医療の知識は必要ないのかと思いますが、それにしても疑問すら感じないのでしょうか。厚労省はこのことを知って、どうおもうのでしょうか。もしかしたら「違法とは言えないから」ということで、一切動く気配なし、となるのでしょうか。そういうのが非常に疑問なのです。無介助分娩に関して、本当は素直に助産師会を被害者とは言いたくはないのですが(過去の発言から)、この問題を解決するには一時的に引っ込めておかないといけないくらいに、現況で助産師の方たちは被害を被っているというのです。突然呼び出されたりして、必要な作業だけさせられ、責任だけ負わされるかのような事態、問題、事実は助産師会も把握しているのです。警告文を出すほどに切迫したことだと感じています。そして、先日も問合わせた時に、「もっとわかりやすく、より多くの人に見てもらえるように提示する用意をしている」というようなことを仰っていたので、開業助産師が受けている被害は減っていないようにおもいます。
そしてなによりも、このような分娩方法を選ぶというのは、私は胎児虐待だと感じますので、胎児、赤ちゃんのために厚労省に動いて欲しいです。


明日、まず厚労省に連絡をします。
そして、このベビーサインの協会にも問題として連絡をします。ただ、ここら辺は警告を発してる助産師会がした方が筋が通るとおもうので、助産師会に連絡して、もしもしてくれないようならば、私からしたいとおもっています。

*1:2012.11.16に件のブログ主のご本人がご自身の発言に対してコメントされたり(既に削除されています)、記事を削除という対応をされました。日本助産師会にはこの方が所属している協会へのお願い等に必要な資料として、魚拓URLは既に報告してあります。日本助産師会も対応されるということでしたので、私のブログからは一旦リンクを張ることは外します。但し、タイトルと引用箇所はこの問題を伝えるのに重要なものとおもい、引用箇所の一部のみ修正し、そのまま提示させていただきます。 2012.11.17記

他人の迷惑も考えない不自然な「無介助分娩」

以前に「助産院の悪用の仕方」を書きました。読んでくださった産科医の方からご意見をいただき、今、わざわざ離島へ移住して自宅分娩をしたがる人が増えているという事実を伺うことができました。過去に自分が自宅での無介助分娩に成功したという母親自身が、カリスマのようにふるまっているような話もあるそうです。無介助分娩については当ブログでも何度も記事にしていますが、これからは「離島へ行って産む」ということについても考えていきたいと思います。
この産科医のA先生は離島で実際に勤務されています。健診にだけくる妊婦さんに自宅での無介助分娩のリスクを説明しても、話を理解しようとしてるようには感じないそうです。多分、最初から「聞き流すつもり」で受診しているのだろうと思います。こういう方たちのネットワークでは、「“自分たちの選ぶやり方を理解してくれない人たち”と話をしなくてはいけないとき」という想定がよく話題に出ます。周囲とは常に意見が違うので、対立しやすいんですね。だから、「聞いてるフリして、実際にはやらなければいい」というスタンスになってしまうと、当時の仲間との経験からも想像できます。ですが、A先生からしてみると、目の前の妊婦さんだけの問題ではありません。

島の北端や南端の地域にそのような方々がいるのです。そんな人が出血性ショックなどで当院に搬送されたら・・・(実際によくあるパターンです。)。
100歩譲って、私や当院スタッフに負担がかかるのはいいです。
でも同時に進行している他の妊婦さんにご迷惑がかかったら・・・。
でもそんなことをこのような方々に言っても、「自分たちには絶対そんなこと起きない。」という根拠のない自信をおっしゃいます。

そうなんです、自然分娩を薦める人たちは「あなたらしく」って言うけれども、自分らしければ他人に迷惑を掛けても良いという意味なのか、そこが完全に欠落して無責任に言っているだけなのです。


こういう方達は仲間への優しさはもの凄くあるのだけど、病院で最初から産もうとしていた人達のことまでは考えてくれていません。


最近、非常に残念に思う記事をツイッターで知りました。
UAさんロングインタビュー(amritara)
の中の「移住・出産・子育て編」で

自宅で主人と二人で産んだんですよ。自宅出産は前回もやっているんだけど、前回は助産師さんを呼んでいるんですよ。今回は助産師さんも呼ばずに主人とやってみようって。

とはっきりと無介助分娩をしたことを語られています。このことを助産師会に先日電話した際に伝えましたら、ご存知なく(それは仕方ないとおもいます)、確認されるということでした。
こういうのは記事にされる方にも問題があるとおもいます。添加物や原発のことなどで経済、社会問題を語る!という姿勢を見せていますが、医療を受ける側としてのモラルがあまりにもない、というのはいかがなものでしょうか。読者が影響を受け、島の中の周産期医療、他の産婦さんや赤ちゃんたちに迷惑を掛けてしまうかもしれないという、その可能性を生み出すかもしれないことをどう思われるのでしょうか。この記事を見て真似る人が増えましたと、そして離島での周産期医療の抱える問題はより深刻化して、犠牲者、被害者も出てしまうとなることは考えられないのでしょうか。それこそ、自身の経済しか考えていないと、ご自分たちが話題にしている批判そのものではないでしょうか。


「私は迷惑をかけていない」ではないです、「私は迷惑を掛けてしまうかもしれない」です。「でも私の出産は無事に終わりました」で片付けてはいけません、
「私の(たまたま上手くいっただけの)話によって、誰かが誰かに迷惑を掛けてしまうかもしれない」
と、そこまで考えてくださいませんか?

助産院の悪用の仕方

この自宅で自力出産する方法というサイト、夫婦だけの出産(無解除分娩/プライベート出産)のやり方を紹介しています。
こんな安易にすすめて良いものなのでしょうか。
そして、ステップ1。こちらは助産院の悪用の仕方ですね、完全に。ここは助産師の方たちこそが怒るべき内容ではないですかね?(同時に、誰が出産を軽視させるようになったかも問題にして欲しいです)
ステップ2は消毒といえるか疑問の内容の上に、水中出産を勧めています。
ステップ3から出てくるレスキューレメディというのがやたらとリアルで、「とにかく緊急用のさえあれば、どんな状態になって焦っても効くから!」みたいな感じがあって、怖いです。

ステップ6では再度、助産院の悪用の仕方が出てきます。ステップ1でもそうですが、これは本当に大問題と思いますが…
いや、この内容の存在自体が問題だとしたいところですが、これも言論の自由とか、そういうことで許されていくのですかね。

この著者の方がご自身で経験されたことを書いているようですが、参考資料として出されている本は以前、当ブログでもご紹介したことのある本です。
プライベート出産


このサイトは【OKGuide】というコミュニティサイトだそうです。
管理サイトは内容の把握をしているのでしょうか、した上で公開しているのでしょうか。